ここから本文です。

直流電子負荷 CL2000シリーズ

特長

  • 負荷モード
    定電流(CC)、定抵抗(CR)、定電圧(CV)、定電力(CP)
  • 動作モード
    スタティックモード、ダイナミックモード
  • 最大5桁の分解能
  • 高速スルーレート 2.8 A/μs(CL2135ML)
  • 120ステップのプログラム機能
  • 多彩な保護機能
    過電力(OPP)/過電流(OCP)/過電圧(OVP)/過熱(OTP)/ 逆接続保護(RVP)/
    低電圧保護(UVP)/定電力保護(CPP)

■ 負荷モジュール

  • 各チャネル独立
  • グループユニットモードで、同じ負荷モジュールを最大4台並列接続

■ メインフレーム

  • 最大8チャネル、搭載する負荷モジュールは組み合わせ自在
  • 最大5台のメインフレームを接続して、ON/OFF制御可能

 

グループユニットモード 

1台のメインフレーム内で同じ負荷モジュールを並列接続するモード(最大4台)。被試験体の出力にあわせて電力容量・電流容量を増やすことができます。

 

プログラムシーケンス機能 

1プログラムあたり10ステップで、最大12個のプログラムを組むことができます(最大120ステップ)。

 

フレームリンク接続 

複数のメインフレームを最大5台まで並列接続できます。ON/OFFを一括で制御可能。

 

波形シーケンス機能 

過渡応答波形をシミュレートするために、μsから60,000sまでのステップ(ポイント)を組み合わせて、シーケンスを組むことができます。

 

各部の機能 

7つの負荷モード

 

お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話によるお問い合わせ

03-6907-1401

受付時間 8:30~17:15(土・日、祝日除く)

株式会社千代田エレクトロニクス